スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年1月21日(火)

昨日の夜に、ごはん予約するの忘れてたので、今日弁当作れず、
今日の昼メシは、かなり久々の吉牛にしました。(何年ぶりか忘れた)

他の客はみんな牛すき鍋膳を注文する中、私は昔と変わらず
「並みと卵とご飯」を注文しました。

毎度の事ですが店員さんに、並みと卵と『ご飯』と言うと、
『え?』と一瞬間があった後『あ、並みと卵と、ご、ご飯ですね?』
と聞き返され、いつも理解してもらうまで少々時間がかかります。

さすがに店内では写真を撮れるような雰囲気ではない為、写真は
レシートで勘弁して下さい。

20140121.jpg

「並みと卵とご飯」で460円でした。
少々お高いですが、まあまあ満足感は多少ありました。

食べ方としましては、ライスの量からして卵1個ではキツイので
まず、無料の紅しょうがで単品ライスを3分の1食べましょう。
それから醤油で溶いた卵を、残りのライスにかけて全部食べます。
そして最後に、並みに唐辛子をたくさんかけて食べ、終了。

ここで注意が必要なんですが、けっして並みの方から肉をとって
単品ライスのおかずにしない事。並みの方のライスもそれなりの
量があり、肉はそれに見合った最低限の量しかありませんので、
最後に逆に並みの方のご飯が余ってしまう可能性が出てきます。
なので、並みは並みだけで食べる事をお勧め致します。
(金に余裕があれば、肉大盛りにしてライスのおかずにしてもOK)

また、並みを最初に食べるとウマイ物を先に食べ終わる事になり、
残ったライスと卵が妙にマズそうに見えてきます。
最悪はライスのみ残してしまいかねないので、やはりウマイ物は
最後にとっておいた方が無難でしょう。

で、恒例のグルメリポート、味の方ですが、やはり牛丼の王様
吉牛だけあって、最高の味でした。

肉が柔らかくジューシーで、汁の味も丁度良い加減です。
昔から変わらない吉牛にしか出せない味と言えます。
まさに牛丼の芸術作品と言えます。

牛丼にもいろんな店がありますが、どんなに頑張っても
吉牛の味は他には出せません。
マックのポテトや、ケンタのチキンと同じように店それぞれの
独特の黄金の味というものがあって、他ではけっしてマネが
出来るものではないのです。

牛丼業界ではすぐに某有名店が思い浮かびますが、
その店名とは裏腹に、私としては『嫌いや!』
肉の見た目は似てますが、味は私にはナゼか全く別物と感じます。
肉は固くてポッサポサ、汁も私の好みではありません。
人によって感じ方は様々ですが、なぜあんなに客が来るのか理解に
苦しみます。まだ松〇の牛めしの方が柔らかくてウマいと思います。

もちろん好みは人それぞれですが、やっぱり私としては、

『ビールは麒麟・牛丼は吉牛』なんですよね~。
スポンサーサイト

テーマ : ごはん日記(写真付き)
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Yorry様

若い頃は並みとライスでも腹の足しにならなかったけど、
歳とってからは、まあまあそれなりの量には感じます。
腹いっぱいまではいかないけど…

なるほど

おいらのような
プアーなやつには
凄く参考になった
こんど試して
みるよ(爆)
プロフィール

jugsalt

Author:jugsalt
「いつでもどこでも口内炎」
どうも!ソルトです。
口内炎ができやすい人って
損だよね~。

[ソルト]

1970年生まれ
茨城県水戸市在住
血液型:O型
趣味:ドライブ、ギター



【YouTubu】

【Twitter】

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。